美容成分とか

Category: 洗顔 (page 2 of 2)

洗顔のしすぎはお肌の敵

お肌をキレイにしたいからといって、とにかく洗顔をすればよいというわけではありません。
洗顔のしすぎは肌にダメージを与えるだけで、乾燥肌や敏感肌、シミなどさまざまな皮膚のトラブルの原因になります。プラセンタという美肌成分配合のプラセンタファインを飲んだりするなどの対策はあります。

ですが、洗顔はあくまで不要となった皮脂やメイクなどの汚れなどを落とすものです。
顔の皮脂は気になりますが、皮脂だからといって余計なものではありません。

酸化した皮脂はお肌の刺激になるので洗い流す必要がありますが、皮脂は本来肌を守ってくれるバリアのようなものでお肌にとても必要なものなのです。

洗顔のしすぎで必要な皮脂まで落としてしまうと肌のバリア機能が失われ、乾燥肌やアレルギーになりやすく、紫外線にも弱い肌になってしまいます。

他にも肌の潤いを保つ角質層の細胞間脂質や天然保湿成分などがお肌を守ってくれてますが、これらも洗顔をしすぎると失われてしまいます。
お肌に大切な皮脂などを守りながら、不必要な汚れを落とすのが正しい洗顔です。

洗顔クリームや石鹸での洗顔方法

お肌の調子をしっかりと維持するためにも、そして清潔で健康的なお肌をしっかりと維持するためにも、アロ クリムサボンなど正しい洗顔クリームや正しい洗顔石鹸での洗顔方法をマスターすることで、しっかりと正しい洗顔方法で洗顔することが重要になってきます。

特に女性の場合はメイク落しやメイクの汚れ、さらにはお肌の古い角質、ばい菌などを洗い流す洗顔は、綺麗なお肌をずっと維持するためにも重要なポイントになってくるので、しっかりとアロ クリムサボンといった洗顔クリームや洗顔石鹸での洗顔方法を覚えることが重要になってきます。

洗顔する前に髪の毛が邪魔になる場合は髪をヘアバンドでまとめるなど、洗顔の邪魔にならないようにしておいて、手が汚れているとその手で洗顔してしまうとばい菌が顔についてしまう危険性があるので、洗顔するまえに手を洗います。

次に人肌といわれる37℃前後のぬるま湯で顔を軽く洗い流して、お肌の表面についている汚れを落します。洗顔石鹸をよく泡立て、弾力のあるキメ細かい泡をたっぷり作ってから、その泡を転がすようにしてお肌を洗顔していきます。

最後にぬるま湯で泡を洗い流して終了となります。これは洗顔石鹸での洗顔方法になりますが、アロ クリムサボンのような洗顔クリームでもこのような一連の流れをしっかりとマスターするようにしましょう。

Newerposts

Copyright © 2018 美容成分とか

Theme by Anders NorenUp ↑