美容成分とか

Month: 4月 2014

美容ブロガーが愛飲するプラセンタ

クロワッサン、LEE、VOGUE、美STORYなど多くの女性から指示されている雑誌で紹介されることがよくあって、連弾ピアノデュオで話題の中村悠子さんと中村紗也子さんも愛飲していて、人気の美容ブロガーも飲んでいるというスノーヴァ プラセンタは、ネット上で話題性の高いプラセンタサプリメントです。

数あるプラセンタサプリの中でスノーヴァ プラセンタの大きな特徴はというと、日本ではこのスノーヴァでしか取り扱いがないロシア製のプラセンタを使っていることです。しかも、3世代前までの血縁を調べて厳選した豚のプラセンタを原料に、品質や衛生面において徹底管理されて日本に空輸されてきてるという珍しいプラセンタなんです。

スノーヴァ プラセンタの効果も素晴らしいものがあるようで、中村姉妹が効果を実感して母にすすめると、母も効果を認め、親子3人がスノーヴァ プラセンタを手放せなくなったらしいですよ。ということで、スノーヴァはなかなかのスグレモノといえるのではないでしょうか?いや言えると思います。

黒ずみはどうしてできるのか

化粧水と美容液、乳液の機能を持つオールインワンジェルのアットベリージェルは1分でケアできるという簡単便利さが特徴の1つでもありますが、使用者の90%以上が効果を実感しリピート率は75%以上という実力の持ち主でもあるようです。

そのようにアットベリージェルでケアするような黒ずみはどうしてできるのか、その理由はというと、無駄毛処理が原因にあげられます。そもそも黒ずみはメラニンの過剰生成がネックとになっていて、カミソリでの色素沈着や外部刺激から肌を守ろうとしてメラニンが反応して黒ずみができ、この原因については年齢は関係ないので幅広い年齢層の女性が悩みとしているようです。

またそれ以外でも、摩擦によって黒ずむことがあります。女性は脇をそることが多いですが、わき毛は肌を摩擦などから守るために生えているので、それをそってしまうということは摩擦が起こっているので黒ずみになる。それと剃るという行為や抜くという行為が肌にとっては強い刺激で、これが引き金になったりもします。あとは乾燥も原因の1つとして考えられます。

洗顔クリームや石鹸での洗顔方法

お肌の調子をしっかりと維持するためにも、そして清潔で健康的なお肌をしっかりと維持するためにも、アロ クリムサボンなど正しい洗顔クリームや正しい洗顔石鹸での洗顔方法をマスターすることで、しっかりと正しい洗顔方法で洗顔することが重要になってきます。

特に女性の場合はメイク落しやメイクの汚れ、さらにはお肌の古い角質、ばい菌などを洗い流す洗顔は、綺麗なお肌をずっと維持するためにも重要なポイントになってくるので、しっかりとアロ クリムサボンといった洗顔クリームや洗顔石鹸での洗顔方法を覚えることが重要になってきます。

洗顔する前に髪の毛が邪魔になる場合は髪をヘアバンドでまとめるなど、洗顔の邪魔にならないようにしておいて、手が汚れているとその手で洗顔してしまうとばい菌が顔についてしまう危険性があるので、洗顔するまえに手を洗います。

次に人肌といわれる37℃前後のぬるま湯で顔を軽く洗い流して、お肌の表面についている汚れを落します。洗顔石鹸をよく泡立て、弾力のあるキメ細かい泡をたっぷり作ってから、その泡を転がすようにしてお肌を洗顔していきます。

最後にぬるま湯で泡を洗い流して終了となります。これは洗顔石鹸での洗顔方法になりますが、アロ クリムサボンのような洗顔クリームでもこのような一連の流れをしっかりとマスターするようにしましょう。

馬プラセンタと豚プラセンタ

美容系のものや健康食品で使われるプラセンタは、一般的なのが馬由来のプラセンタか豚由来のプラセンタのどちらかということが多いですね。植物プラセンタなるものも見かけたことはありますが。。。

プラセンタサプリメントもまた豚と馬の両方があり、キレイ・デ・プラセンタのような馬プラセンタの商品説明を見ると、豚は出産時に10頭近く産むのに対し、馬は1頭しか産まないので胎盤に含まれているアミノ酸などの栄養量が馬プラセンタの方が圧倒的に多いというようなことが書かれているのをよく見かけます。

では、実際はどちらが良いのかと口コミを見てみると、豚プラセンタの方が良いという人もあれば馬が良いという人もいて、結局のところ、栄養量がすべてという訳ではなく、自分に合うものが一番という感じですね。

キレイ・デ・プラセンタも口コミで効果を実感した人が書き込んでるだけでなく、効果を感じられなかったという人もいるので、プラセンタサプリメントを選ぶときはキレイ・デ・プラセンタでも用意があるようにトライアルセットで試してみるのが一番かもしれませんね。

Copyright © 2018 美容成分とか

Theme by Anders NorenUp ↑